2022年の春は、輝き、光沢が喜びの光を放つ季節。

コレクションは、長かった自粛期間から解放され、これから迎える新たな日常への興奮と高揚感を映し出すような祝祭感で溢れていました。おしゃれして、みんなと会いたい、集いたい、生きていることを楽しみたい。そんな気分が会場にもファッションにも盛り上がっていました。

【Justin Bieber愛用】 6TH COLLECTION NYLON FULL ZIP HOODIE

・Bone nylon full zip hooded jacket with front zipper, welt pockets at waist, drawstring hem, and elasticated cuffs.
・Printed logo on the back panel, ultra suede body lining, supima cotton lining on sleeves, regular fit.
・100% cotton.
・Made in the United States.
ロサンゼルスのデザイナー、Jerry Lorenzo(ジェリー・ロレンゾ)は、2013年にFear Of Godを設立。
Fear Of Godは、洗練されていながらローキーなベーシックアイテムが持つ不朽の魅力的☆
「神」にちなむブランド名が示すように、神聖な存在から得たインスピレーションを日常生活のためのデザインに活用し、
現代のメンズウェアのスピリットを純粋なかたちで表現しています。

それを象徴したのが、カラフルな色使いと輝き。キラキラと派手なパーティ感覚も特別感があって心惹かれましたが、最も気になったのが、サマーセーターや靴等、日常使いのアイテムが同系色や小さなスパンコール、メタル、ラメ糸、ビーズなどで彩られ、ひそやかに、まるで砂金のような品のよい輝きを放っていたこと。なんて新鮮なんだろう。実用的なファッションが光沢を放つことで新たな表情をもちはじめています。

新しい時代に一歩足を踏み出そうとするとき、まだなじみのあるファッションを身につけながら、少しだけ、新鮮さを取り入れたい。そんなためらいながら前進する気分にぴったりの提案でした。

ライトグレーなどのニュートラルカラーからゴールド、シルバーなど多岐にわたりますが、身につけたいのは、身体や服と同化するような輝き。動きにつれて光が反射して、雰囲気を変え、煌めくフリンジやネットから素肌がのぞく。なかでも、王道をゆくのがシルバーです。

ニットの編み地など凹凸のある表面感のなかで、光が見え隠れする控えめな輝きは、はっと振り返らせる魅力があります。磨き上げられた個性をもつプレシャス世代には、うってつけの、優美さではないでしょうか。

【関連記事】:http://www.monkichi877.net/gallerypro/gallery.cgi

“2022年の春は、輝き、光沢が喜びの光を放つ季節。” への0件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です